2018/12/03

東南アジア生産の精度高める
田村駒グループは、顧客からの低価格生産ニーズの高まりを受けベトナム・タイ・カンボジア・ミャンマー・バングラディシュなど、東南アジアでの生産を増やしているが、今後更に東南アジアでの生産管理を強め、品質向上や納期遅れも防ぎローコストオペレーションの構築に力を入れる。

また、非繊維の拡大もテーマであり大手電機メーカーのグローバルな生産や販売の進行に合わせ、本社・関係各社・海外現地法人が連携し売り上げが伸びている。

中国・タイでの生産オペレーション強化を検討中で、販売とリンクした海外生産拠点の整備を進めている。

繊研新聞2018年11月14日