新着情報

オリジナル素材 独自の機能も磨く/田村駒

田村駒は「製品ODMでの差別化には独自の素材とスキームが欠かせない」とオリジナル素材の

開発に加え、小ロット、QR対応を強めている。

ヒットしているのは、出資する中国の編み・染め一貫工場が手掛ける生地のファクトリーブランド

「フィルジータ」や綿タッチのポリエステル生地「ポリコット」など。フィルジータは、

カットソー向け中心に約50マークに広がり、旭化成と共同開発する綿・キュプラ「ベンベルグ」タイプが特に人気だ。

又綿タッチポリエステル生地、ポリコットは17年春夏に立ち上げた。ポリエステル短繊維をMVS紡織し、

染色加工まで日本国内一貫で行う。綿のような肌触りとカジュアルさを持ちながら、吸水速乾や紫外線カット、

抗ピリング性などを持つ点が支持されている。

こうした素材開発の軸となるのがテキスタイル開発室。生地デザイナーなどメンバーを増強して、

「ストーリー性のある」独自の糸、生地、加工を充実し、ODMでの差別化に力を入れる。

 

 

繊研新聞  平成29年10月31日