新着情報

16秋冬 素材ブランディング強化/田村駒

田村駒は16秋冬向け製品OEM提案で、素材ブランディングを強化する。

ファクトリーブランドとして16春夏向けに投入した「フィルジータ」のラインアップを

拡充したほか、東レの国産短繊維を国内で編み立てたメードイン・ジャパン素材も提案する。

フィルジータは「スーピマ」綿とキュプラ繊維「ベンベルグ」を混紡した独自開発糸を

中国自社工場で編み立て・染色加工するカットソー素材ブランド。

超長綿使いの滑らかな風合いと加工による上質感のある光沢などを特徴とする。

同時に国産素材の訴求にも注力する。東レが打ち出す、愛媛工場で生産した短繊維の

ブランド展開と取り組み、ウールを複合したカットソー生地を国内編み立てにこだわって開発した。

縫製まで国内で対応する国内一貫の供給体制も整える。百貨店アパレル向け提案から着手し、顧客の反応を探る。

 

繊維ニュース 平成27年12月11日

 

ブラックフォーマルで単独展/田村駒

田村駒がブラックフォーマルの単独展を初めて開く。

9~11日に東京本社で開催するアパレルOEMの16~17年秋冬総合展と同時開催し、

アパレル企業やレディス専門店へのアピールを強める。

ブラックフォーマル事業を担う第一事業部第四部は、売り上げの8割をフォーマルウエアの生地と

製品OEMが占める。同部の強みの一つがストックするブラックフォーマル向け生地の多さ。

リスクする生地は300マーク強。今回の展示会でもメーンのブラックフォーマルに加え、

マザーニーズのカラーフォーマル、ビジネス関連で約300の生地を打ち出す。

そのうち約80点を北陸で織り、染色加工する高付加価値商材「ホクリクオリティ」としてブランド化し打ち出す。

又、縫製の奥行きも強みの一つで現在、中国からベトナムへの縫製移転も進めており、

日本製生地をベトナムで縫製する取り組みや、ビジネス関連ではベトナムに進出する日系企業と組み、

素材調達から縫製までをベトナム内で行う新たな仕組みも打ち出す。

 

繊研新聞 平成27年12月04日

16~17年秋冬総合展/田村駒

田村駒は1月に開いていた秋冬総合展を1カ月以上前倒しし、9~11日に東京本社で

16~17年秋冬展を開く。開発を進めるオリジナル素材の打ち出しなどに力を入れる。

17年春夏展も1カ月ほど早めて来年6月に開く予定で総合展の時期を早めることで新規取引先の開拓も狙う。

16~17年秋冬展の全体コンセプトは「トゥルアー」(引き付ける)。

それを「エトワール」「レトロフューチャー」など4テーマに落とし込んだ。

アイテムは、ロングカーディガンやローゲージニットポンチョ、メンズライクなウールコートや

レザーアイテムなどを打ち出す。スポーティーやミリタリーなどを取り込んだ商品が多い。

特にブースとしては構えないが、タイで進める開発生地やベトナムでの素材から製品までの一貫体制、

拡大しているミャンマー縫製など東南アジアの活用も各ブースで紹介する。

 

繊研新聞 平成27年12月02日