新着情報

工場ブランドなど充実/田村駒

田村駒は生地のファクトリーブランドを立ち上げるなど

独自生地の開発に力を入れている。

素材開発機能を強めようと4月に素材開発室をテキスタイル開発室に改称、

メンバーも従来の1・5倍に増強した。開発する素材は主に製品OEMに活用し、

製品ビジネス拡大と差別化を狙う。

その一環で生地のファクトリーブランド「フィルジータ」を立ち上げた。

中国法人の田村駒上海紡織品と中国で出資する編み・染め一貫の工場が

連携するもので16年春夏向けから販売する。

綿・キュプラ混やセルロース「テンセル」・キュプラ混ジャージーなどを開発、

出資工場が保有する独自加工「シフレックス」で上品な光沢に仕上げ、強みにする。

ASEANの活用も進む。ベトナムでの生地の調達、開発、縫製までを行う一貫の

流れを構築したり、旭化成せんいとのタイ、日本、中国での協業も進め、

提案する素材やOEMのバリエーションを広げている。

 

繊研新聞 平成27年10月28日