新着情報

中期計画 素材~物流で機能拡充/田村駒

田村駒は4月に始まった新3カ年計画で、

素材開発・調達から商品企画提案、生産・品質管理、物流まで、

繊維製品にかかわる一貫した流れを追求し、

足腰の強い「総合〝力〟商社 田村駒」を目指す。

2015年3月期で終えた前3カ年計画では、目標としていた

連結売上高1000億円、経常利益20億円を超過達成した。

新計画では計数目標は控え目な増収増益を見込み、

定期的な部分での機能強化を柱に掲げた。

 

繊維ニュース 平成27年4月8日

欧米、香港向け強化 機能素材に手応え/田村駒

田村駒が欧米を中心に海外企業への販売を強めている。

特に力を入れているのが欧米、香港向けだ。欧州向けは独とオーストリアが中心。

オーストリアのエージェントを使い独、オーストリア、スイスなどでの拡販を狙う。

「機能素材へのニーズが強い」スキーウエアやダウンジャケットを想定する。

又、アウトドアウエアやカジュアルアウターなどで伊、仏企業へのアプローチも進めている。

昨年立ち上げた本社の輸出室を中心にテキスタイル輸出を増やし、製品事業にもつなげたい考えだ。

これまで未開拓だったアメリカ市場も攻める。今春からニューヨークやロサンゼルスへの営業を強めており

「アウトドアメーカーを中心にミャンマー製、機能素材への反応が良い」と中堅クラスのブランドを攻める。

 

繊研新聞 平成27年3月12日