代表メッセージ

  • HOME
  • MESSAGE(代表メッセージ)

信頼を紡いできた120年。
「変革」と「創造」が、
次代の扉を開きます。

平成26年3月15日、田村駒株式会社は創業120周年という記念すべき日を迎えました。明治27年に、初代田村駒治郎が洋反物商社「神田屋田村商店」を創業して以来、幾多の苦難を乗り越えながら、繊維ビジネスというフィールドで長きに渡り成長することができました。これも多くのお客様、取引先様、地域社会の皆さま方のご支援とご高配の賜物と心から感謝いたしております。

当社では、「顧客信頼度NO.1の企業を目指す」という理念のもと、長年に渡り培ってきた企業力を生かしながら、「変革」と「創造」の志を持って新しいビジネスに挑戦してきました。近年、私たちのビジネスを取り巻く環境は大きく変化し、グローバルで熾烈な競争が繰り広げられています。そんな中、海外工場の設置など、商社という枠を飛び越えての製品づくりにも積極的に取り組んでおります。

当社の存在意義は、「ものづくりを通じ、豊かなライフスタイルを実現し、生活文化向上に貢献すること」です。私も入社から40年が経過し、当社の歴史の3分の1をこの目で見てきました。手前味噌かもしれませんが、社会のニーズやライフスタイルの変化に応えながら、常に新しい価値を提供してきたからこそ、当社は120年という歴史を刻んでこられたのだと感じています。

社会からの信頼、社員からの信頼、そして皆さまからの信頼を紡ぎ、新しい時代を共につくり出すために、これからも新しいチャレンジを続けていく所存でございます。今後とも私たちにご期待いただき、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長市川 政彦