企業情報

代表取締役社長 植木博行

田村駒株式会社は、初代田村駒治郎が1894年に洋反物商「神田屋田村商店」を創業して以来、125年余りにわたりその時代に必要とされる繊維製品の企画・生産・販売に従事してまいりました。昭和の時代までの約100年間は主に素材を、平成に入ってからは最終製品のOEMを中心に、いつも「変革」と「創造」の志を持って新しいビジネスに挑戦してきました。

消費者の消費の多様化と購買スタイルの変化、それに伴う生産背景や物流対策など商社の繊維事業環境は、刻々と変化して行きます。変化はチャンスと捉え、これまでファッション衣料の分野などで培ってきた変化の激しいマーケットに対する適応力に磨きをかけ、豊かなライフスタイルに貢献するモノ作りを進めて行きます。

新たな元号の時代を迎え、OEM に続くビジネスの柱として生活関連資材分野が育ってきており、その他にも新たな分野や領域に挑戦して参ります。私たちのスローガン〜Innovation Group TAMURAKOMA〜 〜時代の変化を掴み次のステージへ〜を一歩一歩進めて参ります。今後とも、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

経営理念

変革と創造で
顧客信頼度NO.1企業

田村駒はお客様には誠実・懇切に接し、
大いなる変革と創造により顧客信頼度NO.1の企業を目指します。

豊かなライフスタイルで
生活文化向上に貢献

田村駒はもの作りを通じ、豊かなライフスタイルを実現し、
生活文化向上に貢献する企業を目指します。

繊維のプロでグローバル企業

田村駒は繊維のプロを目指し、国境を越え、
お客様に満足して頂ける商品を提供するグローバル企業を目指します。

人の和―社員の
自主性と能力尊重

田村駒は人の和を尊び、社員の自主性と能力を尊重し、
社会に認知され、信頼され、限りなく発展し続ける企業を目指します。

積極的堅実で企業価値向上

田村駒は限りない前進と、自戒を忘れない積極的堅実を着実に実践し、
真の企業価値向上を目指します。

行動指針
質の高いサービスを提供します。
経営基盤の安定を図ります。
活力ある企業風土を作ります。
人材育成に注力します。
社員の生活向上を目指します。
株主の期待に応えます。
社会に存在意義を発揮します。
お客様の満足と信頼を勝ち取ります。
繊維のプロを目指します。
自己研鑚、自己革新に努めます。
機敏に行動し常に新しい事に挑戦します。
柔軟な発想で新たな可能性を追求します。
公明かつ公正な活動を実践します。
田村駒の経営理念に沿って行動します。